【日本株の将来性】アナリスト予想&大手日本企業の取り組みから考える

記事内に広告を含みます

【日本株の将来性】アナリスト予想&大手日本企業の取り組みから考える
悩める人
悩める人

日本株って将来性あるの?

日経平均株価は、2020年のコロナショックから徐々に回復。

2024/7には、史上最高値を更新し、4万1200円前後隣りました。

今後さらに高値を更新できるのか?
もしくは調整するのか?

見通しがなかなか立たない状況が続いています。

  • 日本株って今後どうなるの?
  • 将来性ってあるの?
  • これから投資しても大丈夫?

といった不安を抱えている方も多いでしょう。

この記事の内容

日本株の将来性を考えるヒントとなる、下記についてまとめました。

  • 日本株の見通し(アナリスト見解まとめ)
  • 大手日本企業の事業内容・取り組み

米国株は長期に渡り成長を続け、株主還元も充実しています。

米国人を中心に、一部の人は株高の恩恵を受け続けてきました。


新NISAも始まったこのタイミングで、米国株成長の恩恵をあなたも享受しませんか?

米国株未経験者の方も、米シリコンバレー発・世界で2,000万人以上が利用する米国株アプリ「moomoo証券があれば大丈夫。

米国銘柄の情報収集から、最安水準手数料での取引までオールインワンで対応しています。

また、2024年から始まった新NISAにも対応しており、新NISAの米国株取引手数料はなんと0円!


詳しくは下記からご確認ください。

口座開設は簡単3分!

moomoo証券
詳細はこちら

moomoo証券

日本株の将来性は?
今後の見通し

ZAIオンライン

今後の日経平均株価に対しては、多くのアナリストは強気の見通しを立てています。

2024年後半の値動きについて、専門家の7割が「強気」の見通しを持ち、残る3割は「中立」や「弱気」の見通しを持っている。

 強気派の根拠は「新NISAの浸透で、貯蓄から投資に資金が流入。強い“買い”需要が続く見通しだから」「東証改革の効果で、増配や自社株買いなどの株主還元が続くから」「インフレと賃上げの好循環が見込まれるから」「半導体株ブームは来年に向けて再燃が見込まれるから」など、さまざまだ。

引用元:ZAIオンライン

アナリスト予想通りになるかどうかは、

  • 米国の大統領選挙の影響
  • 海外投資家による現物買い
  • 生成AIブームによる半導体関連株の上昇

といったポイントになりそうです。

日本株の将来性は?
大手日本企業の事業内容・取り組み

今回は、大手日本企業の事業内容・最新の取り組みについてご紹介します。

  • 楽天グループ
  • NTTグループ
  • LINEヤフー(旧Zホールディングス)
  • SONY
  • Softbank
  • トヨタ自動車
  • 日産自動車
  • ENEOS
  • ANAホールディングス
  • Nicec(旧:日本電産)
  • 東京電力ホールディングス

日本株の将来性を考えるヒントにしてみてください。

楽天グループ

楽天グループは1997年の創業以来、

  • 27期連続増収
  • 売上収益2.07兆円

を誇る日本のメガベンチャーです。


2023年度も前年同期比7.8%の増収をするなど、まだまだ成長を続けています。


特徴は、ECサービス(楽天市場)起点とした楽天経済圏

国内では1億人以上が楽天IDを保有しています。


その一方で、モバイル事業への参入による基地局への先行投資で、赤字が続いています

戦略性に疑問を持つ人も少なくありません。

しかしながら、その多額の先行投資は、世界から大注目される「楽天シンフォニー」で取り返す算段だと思われます。

詳細は下記にまとめています。

楽天グループの10年後の株価はどうなる?世界から注目される楽天シンフォニーが鍵を握る 【楽天グループの10年後の株価】モバイル事業の大逆転劇はあるのか?世界が注目の楽天シンフォニーとは

NTTグループ(日本電信電話)

2023年度のNTTグループ全体の売上高は約13.4兆円

日本企業の売上高ランキングでは、第7位です。

連結子会社を900社超も持つ、超巨大な企業グループ。

通信、携帯、システム開発など多様なリソースをグループに抱えるのが強みです。


買いやすい株価のため個人投資家からも人気の銘柄。

また、2024年から始まった新NISAもあり特に個人投資家からの買いが集まっています。

一方で、直近は株価が低迷しており、今後の値動きに注目です。


NTTの今後の株価を左右する注力領域は下記でまとめています。

NTTグループ 10年後の株価 今後の注力事業3選 NTTの10年後の株価を占う注力事業3選!NTTグループの強みを活かした次なるビジネスとは

LINEヤフー(旧Zホールディングス)


2019年に、国内大手のYahoo!JapanとLINEが経営統合し、誕生したZホールディングス。

2023年には更なる再編によりLINEヤフーとして生まれ変わりました


事業内容は大きく分けて下記4つですが、それぞれ名だたるブランドを傘下に持っています。

  • メディア事業
    LINE、Yahooポータル、スポーツメディアのSportsNavi、レシピ動画事業のdelyなど
  • コマース事業
    Yahoo!ショッピング、PayPayフリマ、LINEショッピング、ZOZO、ASKULなど
  • 戦略事業
    PayPay(決済、カード、銀行、保険、アセマネ)、LINE PayやLINE Financialなど
  • その他
    Z venture Capital、出前館

そんなLINEヤフーですが、2010年代以降、長らく株価は横ばい

日本を代表するテック企業となり、成長軌道に乗ることができるのでしょうか。

成長戦略・注目の取り組みは下記でまとめています。

Zホールディングス(LINEヤフー)の10年後の株価は?今後の成長戦略&注目の取り組みまとめ Zホールディングス(LINEヤフー)の10年後の株価は?今後の成長戦略&注目の取り組みまとめ

SONY(ソニー)

ソニーは「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」をパーパスとし、「感動体験」をプロデュースするための多様な事業を展開しています。

ソニーの事業
  • プレイステーション(ゲーム事業)
  • ウォークマン(音楽事業)
  • カメラ・テレビ(エンタテイメント・テクノロジ事業)
  • ソニー銀行、ソニー生命保険、ソニー損害保険など (金融事業)
  • 鬼滅の刃のアニメ化・映画化を企画(映画事業)
  • 産業用やメタバースに使われるセンサー(イメージ&センシング事業)

また、ソニーは海外売上比率が7割を超えるグローバル企業です。

日本国内は経済が縮小する中、ソニーは世界の成長を取り込むことができます。


ソニーの今後を占う注力事業は下記でまとめています。

ソニーの10年後の株価を占う注力事業3選!あらゆる空間に感動体験をプロデュース

SoftBank(ソフトバンク)

ソフトバンクグループの創業者 孫正義氏は「人々を幸せにする情報革命」をビジョンに掲げています。

そのビジョンを達成する手段として、投資ファンド「ソフトバンクビジョンファンド(SVF)」を立ち上げました。


SVFファンドでは、現在400社を超える有力スタートアップへ出資。

一時は世界第2位の規模を誇るファンドになりました。

過去にはアリババやDiDi、Uberといった企業に出資をして、リターンを得てきました。

今後においても、投資先の企業が上場し、投資資金を回収できるかがソフトバンクグループの業績・株価のカギとなると言えます。

有力投資先の事業内容・今後の見通しは下記でまとめています。

【ソフトバンクの10年後の株価】有力投資先のデカコーン企業でいかに資金回収できるかがカギ! 【ソフトバンクの10年後の株価】有力投資先のデカコーン企業でいかに資金回収できるかがカギ!

トヨタ自動車

トヨタは売上の85%以上を海外で売り上げる、日本発・世界的な自動車メーカー

国内自動車メーカーの売上で比較してみても、トヨタがダントツ一位。


その一方で、世の中的には脱炭素に移行する動きがあります。

ガソリン車で成長を続けてきたトヨタの持続的成長への懸念となることは間違いありません。


トヨタは来る脱炭素社会の到来に向けて、全方位戦略(マルチパスウェイ)を掲げています。

脱炭素に関して一つの手段に固執せず、様々な技術の可能性を模索し、複数の経路をとる考え方です。

マルチパスウェイ戦略について、下記でまとめています。

トヨタ自動車の10年後の株価はどうなる?EV車トレンドにおける「マルチパスウェイ戦略」の舵取りが重要! トヨタ自動車の10年後の株価は?脱炭素に向けた鍵を握るのは「マルチパスウェイ戦略」

日産自動車

1933年に日本で最初の自動車会社として誕生した日産自動車。

企業理念(NISSAN DNA)として「他のやらぬことをやる」を掲げています。


また、CMなどで「技術の日産」というフレーズを聞いたことがある方は多いのではないでしょか。

常に最新の商品開発や技術革新に取り組むことに重きを置いています。


日産自動車の足元の株価は軟調

しかし、実は日産はEV車の開発に強みがあります。

EV車の開発・販売実績はトヨタ・ホンダよりも先行。

詳しくは下記にまとめています。

日産自動車の10年後の株価は?国内メーカーの中でも先行するEV車での取り組みに注目! 日産自動車の10年後の株価は?国内メーカーの中でも先行するEV車での取り組みに注目!

ENEOS(エネオス)

エネオスは1888年創業の歴史ある会社です。

出光興産とコスモエネルギーHD並び、石油元売り大手と呼ばれています。

2024年3月期の売上高は13兆円超と、3社の中でもダントツの一位


その一方で、脱炭素社会に向けたエネオスの将来はある?など、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

未来に目を向けると、エネルギー分野は急速に変化しており、エネオスも新たな挑戦に立ち向かっています。

詳しくは下記でまとめています。

【ENEOS(エネオス)の10年後の株価】 【ENEOS(エネオス)の10年後の株価】脱炭素社会を生き抜く次なる3つの事業!ガソリンスタンドだけじゃない

ANAホールディングス

ANAホールディングスは、日本の大手航空会社です。

コロナ禍において、業績・株価ともに大打撃を受けました。


実は、ANAホールディングスは航空事業の強みを活かし、非航空事業でのビジネス拡大を目指しています。

ANAホールディングスの事業概要や直近の業績、2030年に向けた今後の戦略は下記でまとめています。

ANA ホールディングス 株価 10年後 ANAの株価の10年後の鍵は“非”航空事業だった!2030年に向けた経営戦略&成長事業まとめ

Nidec(旧:日本電産

日本電産(ニデック)は身の回りの「回るもの、動くもの」に欠かせない部品を製造・販売している会社です。


例えば、あなたの家にある

  • 洗濯機
  • エアコン
  • スマートフォン
  • パソコン

などには、日本電産のモータや精密機器が使われています。


詳しい事業内容や今後の戦略などは、下記でまとめています。

日本電産(ニデック)10年後の株価は?社会課題「5つの大波」を味方に付け、10兆円企業を目指す

東京電力ホールディングス(TEPCO)

東京電力ホールディングスは売上ベースで日本最大の電力会社


2022年度の売上高は8兆1,122億円・経常利益は▲2,853億円、2023年度の売上高は6兆9,183億円・経常利益は4,255億円でした。

また、福島原発事故による賠償金支払いは現在も重くのしかかっています。

国からの支援金を頼りに、合計10兆円にものぼる金額を賠償しています。


直近の株価は低迷の傾向。

その理由や注目事業を下記にまとめています。

東京電力 株価 10年後 【東京電力の10年後の株価】電気だけじゃない新規事業の育成&国の発電方針が今後の株価を左右する

まだ米国株投資を始めていない方へ

米国株は長期に渡って高成長を持続してきました。

米国人を中心に、一部の人は株高の恩恵を受け続けています。

新NISAも始まるこのタイミングで、米国株成長の恩恵をあなたも享受しませんか?

米シリコンバレー発の次世代米国株取引アプリ「moomoo証券」が日本に上陸。

世界で2,000万人以上が利用する本場・大手サービスならではのメリットが盛り沢山です。

中でも、約定金額に依らない一律の手数料は画期的で、投資家に多くの利益をもたらします。

購入株数 (株)moomoo証券の手数料 (米ドル)計算式他の証券会社の手数料 (米ドル)計算式
1株1.99一律2.15477×1×0.0045
3株1.99一律6.44477×3×0.0045
5株1.99一律10.73477×5×0.0045

※エヌビディアの株価は記事作成時点の477ドル/株とします。
※比較対象の手数料体系は、現在大手ネット証券で主流の「約定金額×0.45%」とします。
※「他の証券会社の手数料」は20米ドルなどの上限が設けられていることが多いです

他の証券会社では、購入枚数が増えるにつれて手数料は増加します。

一方で、moomoo証券の手数料は一律のため、購入枚数が多いほどお得に!

エヌビディアの上記例に限っては、1株からmoomoo証券の方がお得です。

手数料負担を軽減することで、より多くの資金を投資に振り向けることができ、中長期でリターンの増加に直結します。

また、2024年から始まった新NISAにも対応しており、新NISAの米国株取引手数料はなんと0円!


moomoo証券は少しでもコスト負担を抑えつつ、米国経済成長の恩恵を受けたい方に必見。

今なら新規口座開設完了で2ヶ月間は取引手数料無料、かつ最大100,000万円相当の特典がもらえる特別キャンペーン中!

取引手数料以外にも魅力盛りだくさんのmoomoo証券の詳細は、下記URL先から確認してみてください。

口座開設は簡単3分!

moomoo証券
詳細はこちら

moomoo証券
コツたろう
コツたろう

moomoo証券について、もっと詳しく知りたい方は、下記をご覧ください!

moomoo証券の評判 moomoo証券の評判は?実際に使って分かった米国株初心者に嬉しい8つの機能|安く賢く投資をするならmoomoo証券

日本株の将来性
まとめ

日本株の将来性について、まとめました。

この記事のまとめ

多くのアナリストは、日経株価平均の今後の見通しは、前向きに考えています。

また、さらに長期的な目線で見ても、大手日本企業各社は次なるビジネスの種まきは着々と進んでいるように見えます。

この内容を参考に、日本株の将来性を考えてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA