【ENEOS(エネオス)の10年後の株価】脱炭素社会を生き抜く次なる3つの事業!ガソリンスタンドだけじゃない

記事内に広告を含みます

【ENEOS(エネオス)の10年後の株価】
悩める人
悩める人

ENEOS(エネオス)の今後の株価は?

ENEOS(エネオス)HDは日本の大手総合エネルギー企業です。

身近なところだと、ガソリンスタンドのイメージが強いですよね。


国内の燃料油の販売シェアで約半分を握る岩盤事業を展開していますが、

  • ガソスタ以外に何をやっている会社?
  • 脱炭素社会に向けてオワコンになる?
  • 10年後の株価は?

など、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。


未来に目を向けると、エネルギー分野は急速に変化しており、エネオスも新たな挑戦に立ち向かっています。

この記事の内容

この記事では、10年後の株価を考えるヒントとなる、

  • エネオスHDの事業
  • 脱炭素社会に向けての事業戦略
  • 今後の注目事業

についてまとめました。

米国株は長期に渡り成長を続け、株主還元も充実しています。

米国人を中心に、一部の人は株高の恩恵を受け続けてきました。


新NISAも始まったこのタイミングで、米国株成長の恩恵をあなたも享受しませんか?

米国株未経験者の方も、米シリコンバレー発・世界で2,000万人以上が利用する米国株アプリ「moomoo証券があれば大丈夫。

米国銘柄の情報収集から、最安水準手数料での取引までオールインワンで対応しています。

また、2024年から始まった新NISAにも対応しており、新NISAの米国株取引手数料はなんと0円!


詳しくは下記からご確認ください。

口座開設は簡単3分!

moomoo証券
詳細はこちら

moomoo証券

エネオスHDの10年後の株価:
エネオスとは

エネオスの企業・事業概要

エネオスは1888年創業の歴史ある会社です。

エネオスと出光興産、コスモエネルギーHDの3社で石油元売り大手と呼ばれています。

そして、2024年3月期の売上高は13兆円超と、3社の中でもダントツの一位

会社名売上高
エネオスHD13兆8567億円
出光興産8兆7192億円
コスモエネルギーHD2兆7295億円
石油元売り業界大手3社の比較(2024年3月期)

また、エネオスHDの事業は、主に下記3つで構成されています。

エネオスHDの事業
  • 石油、天然ガス事業
  • エネルギー事業
  • 金属事業

それぞれの概要をまとめました。

①石油、天然ガス開発事業

エネオスは石油の探査・生産から精製、販売に至るまでを、一気通貫で行なっています。


実は、石油が私たちの手元に届くまでは下記のステップが必要です。

  • 地下深くで石油の存在を確認するための「探査」
  • 見つけた石油を掘り出す「生産」
  • 地下から取り出された原油は、ガソリンなどにする「精製」
  • 精製された製品をガソリンスタンドなどで「販売」

海外を中心とした油田に権益を持ち、探査段階から参画することで、安定的なエネルギー供給に貢献をしています。

②エネルギー事業

インフラ構築や、石油を原料とした化学製品の販売などをしています。

  • エネルギーインフラの構築と運営
    ガスを安定して供給するためのインフラ(設備やネットワーク)を構築します。
    例えば、街中のガソリンスタンドや、家庭用の都市ガス、LPガスなどです。
    脱炭素に向けては、EVスタンド、水素ステーションといった事業も行っています。
  • 化学製品の生成、販売
    石油を原料とした化学製品や高機能素材を多種多様な産業へ供給しています。
    例えば、オレフィンと呼ばれる化学製品は、プラスチック製品の基本成分として使用され、そのプラスチックは包装材料、自動車部品、電子機器など幅広い分野で利用されています。

③金属事業

資源開発・製錬・製品製造といったプロセスを通じて、製品素材として使われる金属材料を提供しています。


例えば、銅やニッケルなどの金属は、電子機器、自動車、エネルギー関連製品など、多岐にわたる産業で使用されます。

エネオスは金属の元となる資源の発掘や精製をすることで、私たちの生活を支えています

直近の業績

エネオスHDの直近の業績は下記の通りです。

年度売上高前年比成長率営業利益率
2024年3月期13兆8566億円▲7.73.4%
2023年3月期15兆165億円37.5%1.9%
2022年3月期10兆9218億円42.6%7.2%
2021年3月期7兆6580億円▲23.5%3.3%
2020年3月期10兆118億円▲10.1%▲1.1%
エネオスHDの業績

2022年3月期、2023年3月期と高い成長率を叩き出しています。

その一方、原油高やインフレにより営業利益率は低めになりました。

エネオスHDの10年後の株価:
脱炭素を見据えた長期ビジョン

元々は石油関連の事業を発展してきたエネオスは、 脱炭素を大きな転換期と認識しています。

また、日本政府は2050年にCO2の排出を実質ゼロにするカーボンニュートラル宣言を出しています。


これを受け、エネオスは、

  • エネルギー・素材の安定供給
  • カーボンニュートラル社会の実現

の両立に向けた長期ビジョンを定めています。


エネルギー・素材の安定提供と、カーボンニュートラルに向けた自己変革を両立し、持続的な成長を目指します。

定量目標

エネオスHD中期経営計画

上図、左側に記載の通り、現在のエネオスの供給シェアは、石油などの従来エネルギーを中心に15%です。


脱炭素が進んだ2050年において、水素や合成燃料など次世代燃料を中心に、国内一次エネルギー供給の20%のシェアを取ることを掲げています。

戦略

エネオスHD中期経営計画

エネオスは、本格的な脱炭素社会が訪れるのは2030年以降と想定しています。

そのため、今後数年は土台作りに注力し、2030年以降の世の中の方向性を鑑み、投資拡大する構想。


具体的には、

  • 2023-2025年では既存事業の収益を最大化
  • そこで生まれた収益を、次の3年間(2026-2028年)で脱炭素などの新規事業に投資

することで中長期と短期の成長の両立を図ります。


なお、現在のエネオスの事業ポートフォリオは「化石」と「素材」の2本柱です。

ここに新たに「脱炭素」「生活プラットフォーム」といった領域を立ち上げ、将来的には4本柱とする戦略です(詳しくは後述)。

脱炭素におけるエネオスの強み

エネオスHD HP

とはいえ、100年以上も石油事業をメインに発展してきたエネオスです。

脱炭素社会に適用に向けて、どのような強みを発揮できるのでしょうか。


それは、石油事業で培ってきた下記のような強みです。

  • サプライチェーン
  • インフラ
  • 国内外の有力企業との関係性

石油事業でも再生可能エネルギーでも

  • エネルギーを生成
  • 輸送
  • 消費者に調達する

という流れは一緒です。


発掘した燃料を現場に届けるまでのサプライチェーンや、燃料を供給するステーションといったインフラが必要です。

エネオスはそういったインフラを日本中に持っていることが、他の企業にはない強みです。


培ってきた強みを活かしつつ、脱炭素社会でもエネルギーのメインプレイヤーであろうとしています。

参考リンク
エネオスHD会社案内
エネオスHD中期経営計画

エネオスHDの10年後の株価:
3つの注目事業

脱炭素社会へと移行する中、エネオスとしては新たな収益源を確立していく必要があります。

その中で、エネオスのIR資料などから、10年後やその先に向けたカギとなる事業・戦略をまとめました。

成長のカギとなる注目事業3選
  • 生活プラットフォーム事業
  • 脱炭素事業
  • ENEOSデジタル戦略

概要や取り組み事例を紹介します。

①生活プラットフォーム事業

モビリティ・ライフサポートサービス

サービスステーション(≒ガソリンスタンド)を起点に、燃料販売だけではない様々なサービスを提供する事業です。


例えば、下記のようなサービス提供が掲げられています。

  • カーシェアリングや電動バイクのレンタルなどのモビリティサービスの提供
  • コンビニやカフェの併設、家事代行などのライフサポートサービスの提供

実際に、

  • カーシェアサービス「新車のサブスク」
  • ランドリーサービス「ENEOS Laundry」

といったサービスは、既に事業化されています。


給油だけでなく、トータルなサービス提供することで、より幅広な顧客ニーズに応える狙いです。

エネルギーマネジメントシステム


風力や太陽光といった再生可能エネルギーは、CO2を排出しない一方、天候によって得られるエネルギー量が不安定なため再エネを管理・供給する仕組みが不可欠です。

エネオスは、エネルギーマネジメントシステム(EMS)の構築に取り組み、クラウドベースで一括監視・制御する独自のエネルギーマネジメントシステム“hammock”を開発しました

EMSとは

EMSとは、発電された電力を各地域で管理・供給するシステムのこと。

電力の需要と供給を調整し、余った電力は蓄電するなどして、 無駄なく安定的にエネルギーを供給する技術

当社は電力事業、水素事業を営んでおり、多くの発電・蓄電設備や水素製造設備を保有しています。これらの設備を最適なタイミングで運用することで、系統の安定化に寄与し、再エネの普及に大きく貢献できます。そこで、電力・水素需要や市場価格、設備の特性などに応じて設備を最適運用するための、独自のエネルギーマネジメント技術の開発に取り組んでいます。

引用元:エネオスHP エネルギーマネジメント技術

参考リンク
エネルギーマネジメント技術
ENEOSの取組みについて

②脱炭素事業

社会全体が脱炭素に移行する中、エネオスも再生可能エネルギー供給を強化しています。


具体的には、

  • 太陽光、風力など再生可能エネルギーの拡大
  • 水素エネルギーの推進
  • CO2を地下に貯蔵する技術の推進
  • バイオエネルギーの利用

などです。


下記に取り組み事例の一例をまとめました。

取り組み事例①
水素キャリア製造技術(Direct MCH®)

水素はクリーンなエネルギー源として注目されていますが、運搬や保管の難易度は高く、技術的な課題が多いです。


エネオスは、水素を効率良く安全に運搬・保管する技術「Direct MCH®」を開発しました。

Direct MCH®とは

Direct MCH®とは、水素を化学的に安定した別の液体に変換し、通常のタンクで運搬・保管できるようにする技術です。

目的地で再び水素に戻すことで、エネルギーとして使用することができます。

2021年には、Direct MCH®を利用してオーストラリアのグリーン水素を国内に輸入し、 燃料電池自動車(FCV)に使用する実証に世界で初めて成功しました。

当社では、グリーン水素を製造した後にMCHを製造するという二段階のプロセスを効率化・低コスト化する手法として、Direct MCH®プロセスを開発しています。この手法では、トルエンを直接電気化学反応させることにより、水素ガスを経由せずに水とトルエンからMCHを一段階で製造できます。

引用元:エネオスHP 水素キャリア製造技術(Direct MCH®

参考リンク
CO2フリー水素を海外から大量輸入するための技術、Direct MCH®について

取り組み事例②
セルロース系バイオエタノール製造技術

植物や動物の生物資源から作られるバイオ燃料は、脱炭素社会実現に向けて注目されています。

一方、現在のバイオ燃料の多くは、とうもろこしなどの食料から生産されており、食料との競合が懸念されます。


エネオスは、食料と競合しない古紙などのセルロース資源から、バイオ燃料を製造する技術を研究しています。

現在までに、実証プラントでの連続生産に世界で初めて成功しました。


さらに、バイオエタノール製造において排出されたCO2を合成燃料の原料として利用し、全体のCO2排出量を削減するアプローチも探求しています。

合成燃料とは、排出された二酸化炭素(CO2)から原料に作られるエネルギーです。

エネオスは、これらのクリーンなバイオマス発電を、2027年以降に商用化することを目指しています。

実証プラントでの知見をベースにより大きな規模へのスケールアップ検討にも取り組んでおり、2027年以降の商用規模でのプラント稼働を目指して技術開発を進めています。

引用元:エネオスHP バイオ燃料

参考リンク
脱炭素社会へ向けたセルロース系バイオエタノール製造

③ENEOSデジタル戦略

エネオスは「ENEOSデジタル戦略」を定め、組織としてテクノロジーやデータの活用を掲げています。

「確かな収益の礎の獲得」と「エネルギートランジション実現」に向けて、DXを加速すると謳われています。

下記に取り組みの一例をまとめました。

参考リンク
ENEOSデジタル戦略

事例①
石油プラントの自動運転(国内初)

これまで、プラントでは24時間体制でヒトが監視・操作をしていましたが、少子化の中で人材不足が懸念されています。


そこで、エネオスはAI技術を持つPrefered Networksが協力し、プラント(工場)の運転を、AI技術を使って自動化するシステムを開発

これまで2日間の連続自動運転に成功しており、省力化による競争力強化に貢献するものとして期待されます。

本開発は人の技量に左右されないプラント安定運転の確立による保安力の向上に貢献するものであり、AI技術を用いた実際のプラントでの自動運転は国内初※1の取り組みです。

引用元:ENEOS:国内初、AI技術による石油化学プラント自動運転に成功

参考リンク
ENEOS:国内初、AI技術による石油化学プラント自動運転に成功

事例②
SaaSサービス“Matlantis”の提供

Matlantis(マトランティス)は、Preferred Networks(PFN)とENEOSが共同開発した汎用原子レベルシミュレーターです。


新素材の開発時など、原子の分析や特定にこれまで膨大な時間がかかっていました。

Matlanticは最新のAIを活用することで、これまで数ヶ月かかっていた計算を0.1秒で完了することも可能な代物です。

企業の研究開発の効率化・高度化に貢献します。

なお、MatlantisはPFNとの共同出資会社「Preferred Computational Chemistry」を通じ、SaaSサービスとして販売されています。

機能性分子の候補は10の60乗個にも及ぶと言われていますが、これまでに人類が有用性を確認できたのは、そのほんの一握りです。Matlantisは、深層学習などのAI技術を活用した高速な汎用原子レベルシミュレーションで、膨大な未知分子の海から有望な分子を照らしだし、革新的なマテリアルの創出に貢献します。

引用元:Matlantis
導入事例が多数!

これまでに、花王やトヨタ自動車など、一般公開されているだけでも20社弱もの大手企業に導入されています。

トヨタ自動車の事例では、今まで3ヶ月程度かかっていた材料の探索が、わずか1週間程度に短縮されたとのことです。

ENEOSがこれまで培った技術をサービス化し、収益を得る新しいビジネスモデルにチャレンジしています。

参考リンク
Matlantis

まだ米国株投資を始めていない方へ

米国株は長期に渡って高成長を持続してきました。

米国人を中心に、一部の人は株高の恩恵を受け続けています。

新NISAも始まるこのタイミングで、米国株成長の恩恵をあなたも享受しませんか?

米シリコンバレー発の次世代米国株取引アプリ「moomoo証券」が日本に上陸。

世界で2,000万人以上が利用する本場・大手サービスならではのメリットが盛り沢山です。

中でも、約定金額に依らない一律の手数料は画期的で、投資家に多くの利益をもたらします。

購入株数 (株)moomoo証券の手数料 (米ドル)計算式他の証券会社の手数料 (米ドル)計算式
1株1.99一律2.15477×1×0.0045
3株1.99一律6.44477×3×0.0045
5株1.99一律10.73477×5×0.0045

※エヌビディアの株価は記事作成時点の477ドル/株とします。
※比較対象の手数料体系は、現在大手ネット証券で主流の「約定金額×0.45%」とします。
※「他の証券会社の手数料」は20米ドルなどの上限が設けられていることが多いです

他の証券会社では、購入枚数が増えるにつれて手数料は増加します。

一方で、moomoo証券の手数料は一律のため、購入枚数が多いほどお得に!

エヌビディアの上記例に限っては、1株からmoomoo証券の方がお得です。

手数料負担を軽減することで、より多くの資金を投資に振り向けることができ、中長期でリターンの増加に直結します。

また、2024年から始まった新NISAにも対応しており、新NISAの米国株取引手数料はなんと0円!


moomoo証券は少しでもコスト負担を抑えつつ、米国経済成長の恩恵を受けたい方に必見。

今なら新規口座開設完了で2ヶ月間は取引手数料無料、かつ最大100,000万円相当の特典がもらえる特別キャンペーン中!

取引手数料以外にも魅力盛りだくさんのmoomoo証券の詳細は、下記URL先から確認してみてください。

口座開設は簡単3分!

moomoo証券
詳細はこちら

moomoo証券
コツたろう
コツたろう

moomoo証券について、もっと詳しく知りたい方は、下記をご覧ください!

moomoo証券の評判 moomoo証券の評判は?実際に使って分かった米国株初心者に嬉しい8つの機能|安く賢く投資をするならmoomoo証券

エネオスHDの10年後の株価
まとめ

本記事では、エネオスHDの事業内容や今後展望、注目事業をまとめました。

この記事のまとめ

エネオスは石油事業で培った資産を活かし、短期・長期の成長の両立を狙っています。

今後のカギとなる「生活プラットフォーム」「脱炭素」「テクノロジー」については、着々と実績を積み上げています。

今回の内容をもとに、エネオスの10年後の株価を考えてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA