ソニーの10年後の株価を占う注力事業3選!あらゆる空間に感動体験をプロデュース

記事内に広告を含みます

悩める人
悩める人

ソニー株の将来性は?

ここ10年で約10倍に跳ね上がったソニー株。

「今から買っても遅くない?」と、今後の株価が気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事の内容

最新のIR資料などをもとに、10年後の株価を占うソニーの注力事業をまとめました。

コツたろう
コツたろう

ソニーはあらゆる空間へ「感動体験」を提供しようとしています。
ソニーへの投資を検討している方は必見です!

米国株は長期に渡り成長を続け、株主還元も充実しています。

米国人を中心に、一部の人は株高の恩恵を受け続けてきました。


新NISAも始まったこのタイミングで、米国株成長の恩恵をあなたも享受しませんか?

米国株未経験者の方も、米シリコンバレー発・世界で2,000万人以上が利用する米国株アプリ「moomoo証券があれば大丈夫。

米国銘柄の情報収集から、最安水準手数料での取引までオールインワンで対応しています。

また、2024年から始まった新NISAにも対応しており、新NISAの米国株取引手数料はなんと0円!


詳しくは下記からご確認ください。

口座開設は簡単3分!

moomoo証券
詳細はこちら

moomoo証券

ソニーの10年後の株価:
ソニーの企業概要

ソニーのパーパス

ソニーのパーパスは「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」です。

「感動体験」をプロデュースするための、多様な事業を展開しています。

下記のようなBtoC領域からBtoB領域、多岐に渡っています。

ソニーの事業
  • プレイステーション(ゲーム事業)
  • ウォークマン(音楽事業)
  • カメラ・テレビ(エンタテイメント・テクノロジ事業)
  • ソニー銀行、ソニー生命保険、ソニー損害保険など (金融事業)
  • 鬼滅の刃のアニメ化・映画化を企画(映画事業)
  • 産業用やメタバースに使われるセンサー(イメージ&センシング事業)

また、ソニーは海外売上比率が7割を超えるグローバル企業です。

日本国内は経済が縮小する中、ソニーは世界の成長を取り込むことができます。

直近の業績推移

売上高(百万円営業利益(百万円)
2024年3月期13,020,7681,208,831
2023年3月期10,974,3731,302,389
2022年3月期9,921,5131,202,339
2021年3月期8,998,661955,255
2020年3月期8,259,885845,459
直近5年間の業績推移

売上高・営業利益ともに、着実に業績を伸ばしていっていることが分かります。

株価推移

株価は2024年6月現在は13,000円付近です。

コロナ前の約2倍まで上昇しています。

今後もさらに株価は上昇していくのか、気になるところです。


この記事では、ソニーの10年後の株価を占う、注力事業を3つご紹介します。

ソニー株の10年後を占う注力領域:
①感動体験の拡張

音楽や映画、ゲームを中心に感動体験を創出してきたソニー。

それらを

  • モビリティ(移動空間)
  • メタバース(仮想空間)
  • 宇宙

おける体験に拡張することを掲げています。

モビリティ(移動空間)

自動運転車が普及するにつれ、車の中での「体験」がフォーカスされるようになります。

ソニーは培ったノウハウを活かし、モビリティ領域での感動体験創出に向けた取り組みをしています。

モビリティ①VISON-S

ソニーは2020年に、自社EVの生産を目指すプロジェクト「VISION-S」を開始。

ソニーが培った技術を駆使して、安全性・エンターテイメント性を追及した次世代型EVを生産するプロジェクトです。


特徴は何といっても、車内のエンターテイメント。

下記のようなソニーならではの豊富なコンテンツが搭載される見込みです。

  • 車内幅いっぱいの広大なスクリーン
  • 映画
  • 音楽
  • ゲーム

モビリティ②AFEELA

2022年にソニーは、ホンダ技研工業との合弁会社「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」を立ち上げました。


「AFEELA」というブランドで、次世代EVの開発に取り組んでいます。

現在はプロトタイプまで完成。

市場に出回るのは2026年以降とのことです。


既に世界的企業であるソニーが、モビリティの領域でどのようなビジネスを作ってくるのか、注目です。

【2023/10/17 追記】
AFEELAの試作車が初めて一般公開されました。
北米で2026年春、日本では2026年中の納車が予定されているようです。

メタバース(仮想空間)

メタバースは2026年には一兆円市場になるとされる、注目領域です。

ソニーはメタバース空間において、ゲーム・音楽・映画といったコンテンツが交差するライブ体験の創出を目指します。

自社のVRのプラットフォームである「PlayStation VR」を軸に、様々に事業展開することが期待されます。

また、メタバースのコンテンツ強化を目的に、米国の大手ゲーム会社「バンジー」を60億円ほどで買収しました。

米国企業バンジーの強み

バンジーは、継続的にコンテンツを更新し続ける「ライブサービスゲーム」に強みを持っています。

ソフトを購入する→クリアする、で終わるのではなく、継続的にゲーム自体が進化します。 永続的な擬似空間が生まれるので、まさにメタバースに必要な技術といえます。

その他にも、

  • メタバース向けの小型モーションキャプチャ「mocopi 」の開発
  • XRライブプロジェクト「リバースクロス」

など様々なメタバース関連の取り組みをしています。

コツたろう
コツたろう

ソニーの豊富なコンテンツを活かしたメタバースビジネスに期待です!

ユニバース(宇宙空間)

ソニーは「STAR SPHERE」という、これまで宇宙飛行士しか得られなかった「宇宙からの視点」をテクノロジーで人々に解放するプロジェクトを行っています。

アートやエンタメ、教育など様々な領域で一人ひとりが宇宙と繋がることで、感動体験の創出を目指します。

プロジェクト事例

例えば、2023年1に超小型人工衛星「EYE」を打ち上げました。

専用のシュミレーターを通じて、地球から遠隔操作が可能な人工衛星です。

ユーザが意図したカメラワークで地球や星々を撮影することができるのですが、ここにソニー製のカメラが使われています。

宇宙から2023年1月に打ち上げ成功し、現在も地球との通信を行っています。

具体的なサービス提供に向けては試行錯誤しているようですが、ソニーが持つカメラやセンサー技術は宇宙空間との親和性が高いと言えます。

ソニー株の10年後を占う注力領域:
②インド市場の開拓

「ソニーグループが直接つながる人を10億人に広げる」長期ビジョンのもと、インド市場の開拓を進めています。

2030年までに年平均10%成長するとされるインドの娯楽市場において、ソニーはマーケットリーダー狙います。

特に力を入れているのは、動画ストリーミングサービスです。

これからスマホがますます普及するインドで、動画ストリーミングサービスは伸び代の高い分野の一つです。

インドでの動画ストリーミングサービス

ソニーの現地子会社「Sony Pictures Networks India」は、既にヒンディー語で26チャンネルを持ち、7億人にメディアサービスを展開。

さらなる開拓のために、2021年には週間視聴者数6億人以上を誇るインドの有力メディア企業との合併が発表されました。

インド市場の中でも有数の巨大メディアの誕生です。


その他にも、インドでの現地アーティストやプロゲーマーの発掘・育成などをしています。

コツたろう
コツたろう

中長期的には、ソニーの新たな稼ぎ頭の一つになるかもしれません!

ソニー株の10年後を占う注力領域:
③先端技術研究

ソニーは感動体験の創出ため、肝となる研究開発に力を入れています

2023年はじめに、研究開発体制が一新され、下記の組織体を中心に研究がされています。

詳細はそれぞれのリンクからご確認ください。

Technology Infrastructure Center

多様な分野に展開される研究開発の基礎研究を行う組織。

Sony Research

大規模AIモデルの開発や極めて革新的な技術の創出を行う組織。

Sony AI

特にエンタテインメント領域を対象に、AIやロボットの研究開発を実施。

Sony CSL

「人類とこの惑星の未来のための研究」をテーマに、健康・食・エネルギーなど人類の地球的課題に挑戦する研究を実施。10年スパンの長期目線での研究です。

まだ米国株投資を始めていない方へ

米国株は長期に渡って高成長を持続してきました。

米国人を中心に、一部の人は株高の恩恵を受け続けています。

新NISAも始まるこのタイミングで、米国株成長の恩恵をあなたも享受しませんか?

米シリコンバレー発の次世代米国株取引アプリ「moomoo証券」が日本に上陸。

世界で2,000万人以上が利用する本場・大手サービスならではのメリットが盛り沢山です。

中でも、約定金額に依らない一律の手数料は画期的で、投資家に多くの利益をもたらします。

購入株数 (株)moomoo証券の手数料 (米ドル)計算式他の証券会社の手数料 (米ドル)計算式
1株1.99一律2.15477×1×0.0045
3株1.99一律6.44477×3×0.0045
5株1.99一律10.73477×5×0.0045

※エヌビディアの株価は記事作成時点の477ドル/株とします。
※比較対象の手数料体系は、現在大手ネット証券で主流の「約定金額×0.45%」とします。
※「他の証券会社の手数料」は20米ドルなどの上限が設けられていることが多いです

他の証券会社では、購入枚数が増えるにつれて手数料は増加します。

一方で、moomoo証券の手数料は一律のため、購入枚数が多いほどお得に!

エヌビディアの上記例に限っては、1株からmoomoo証券の方がお得です。

手数料負担を軽減することで、より多くの資金を投資に振り向けることができ、中長期でリターンの増加に直結します。

また、2024年から始まった新NISAにも対応しており、新NISAの米国株取引手数料はなんと0円!


moomoo証券は少しでもコスト負担を抑えつつ、米国経済成長の恩恵を受けたい方に必見。

今なら新規口座開設完了で2ヶ月間は取引手数料無料、かつ最大100,000万円相当の特典がもらえる特別キャンペーン中!

取引手数料以外にも魅力盛りだくさんのmoomoo証券の詳細は、下記URL先から確認してみてください。

口座開設は簡単3分!

moomoo証券
詳細はこちら

moomoo証券
コツたろう
コツたろう

moomoo証券について、もっと詳しく知りたい方は、下記をご覧ください!

moomoo証券の評判 moomoo証券の評判は?実際に使って分かった米国株初心者に嬉しい8つの機能|安く賢く投資をするならmoomoo証券

ソニー株の10年後
まとめ

本記事では、ソニーの10年後の株価を考えるためのヒントとなる最新の取り組みを紹介しました。

この記事のまとめ

ソニーは、「感動体験」を提供するための多様な事業を展開し、未来への種まきを行っています。

この内容を参考に、ソニーの10年後の株価を考えてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA