スターバックスの今後の株価は?スタバ再発明計画から読み解く5つの成長戦略

記事内に広告を含みます

悩める人
悩める人

スターバックスの今後の株価は?

日本で知らない人はいないコーヒーチェーンのスターバックス。

実は原材料高などで直近の業績・株価は低迷しています。


そんな中、2022年に創業者のハワード・シュルツ氏が暫定CEOに復帰し、再生を図っています。

そのシュルツ氏が打ち出したのが『Starbucks Reinvention Plan』 です。

直訳すると『スターバックス 再発明計画』です。


スターバックスの第二創業と位置付け、新たな成長ドライバーを獲得していくためのプランを打ち出しています。

この記事の内容

スターバックスの今後の株価を考えるためのヒントとなる『Starbucks Reinvention Plan』について解説

米国スターバックスのIR情報などをもとに、米国内外の最新の取り組みをまとめました。

【2023/9/16追記】
ハワードシュルツCEOは今年3月にCEOを退任。
9月13日付で取締役も退任しました。
ラクスマンCEOが経営を担います。

米シリコンバレー発・世界で2,000万人以上が利用する米国株アプリが日本に上陸。

米国銘柄の情報収集から、最安水準手数料での取引までオールインワンで対応

米国株の取引手数料は他社の約1/6、新NISAの取引手数料はなんと0円!

無料で世界最先端の取引体験を手に入れてみませんか?

詳しくは下記からご確認ください。

口座開設は簡単3分!

moomoo証券
詳細はこちら

moomoo証券

スターバックスの今後の株価は?
Starbucks Reinvention Planとは

stories.starbucks

『Starbucks Reinvention Plan』はスターバックスの再発明を目的とした2023年〜2025年の3ヵ年計画です。

現状、4%〜5%程の年間売上成長率を、2025年までの3年間で平均7%〜9%に成長させるプランです。

目標達成のための具体的な計画が次々と打ち出されています。


その中でも米国内外で注目の取り組みを5つご紹介します。

スターバックスの今後の株価は?
最新の取り組み5選

スターバックスの最新の取り組み①
店舗体験の向上(デリバリーシステムの刷新)

comunicaffe

スターバックスの原点は、何と言ってもコーヒーです。


顧客満足度の向上には、

  • フード・ドリンクの品質
  • デリバリー時間の短縮

この2点が肝となります。


『Starbucks Reinvention Plan』では、最新のコーヒーマシンの導入を打ち出しています。

最新のコーヒーマシーン
  • Siren System
    冷たい飲み物と温かい食べ物用の最新マシンです。
    提供メニュー数の増加や、顧客からのカスタマイズドリンクの要望増加により、オペレーションの複雑化に課題がありました。多くのオペレーションをこのマシンに集約することで、提供スピードの向上を図ります。
    2023年にアメリカの一部の店舗で試験導入予定です。
  • Clover Vertica
    温かい飲み物用の最新マシーンです。
    豆ごとに温度や時間など繊細なコントロールが可能で、コーヒー本来のおいしさを引き出します。また、抽出時間も30秒と大幅に短縮できるので、店舗運営の効率化にも繋がります。
    既にアメリカの一部店舗に導入されており、2025年までには全店舗に導入される予定です。

日本にも導入される日が待ち遠しいですね。

スターバックスの最新取り組み②
デジタル化の加速

stories.starbucks

スターバックスは、既に下記のようなデジタルサービスを行っています。

  • Starbucks Delivery
  • Starbucks Mobile Order & Pay
  • Starbucks Rewards(マイルが貯まるロイヤリティプログラム)

『Starbucks Reinvention Plan』では、これらを加速させます。


その目玉となるのが『Starbucks Oddessy』という“Web3.0”の会員用コミュニティです。

Web3.0技術を活用した、これまでにない新しい会員特典・体験を提供します。

具体的な特典や体験の例として、公開されているものは以下です。

VRを用いた体験型のアトラクションや、NFTの収集を通じた特別な体験・特典へのアクセスが用意されています。

Starbucks Oddessyの特典
  • エスプレッソマティーニを作るバーチャル教室
  • アーティストコラボなど、特別な商品へアクセスする権利
  • スターバックス・リザーブ・ロースタリーの限定イベントへの招待
  • コスタリカのスターバックス ハシエンダ アルサシア コーヒー農場への旅行

現在、米国でベータ版を提供中です。

スターバックスの最新取り組み③
コンセプト別店舗の導入

stories.starbucks

続いては、立地や顧客ニーズに応じて、店舗形態を多様化する施策です。

これまでのスターバックスは、人通りの多い場所に、おおよそ画一的な店舗を構えていました。


しかし、デリバリーサービスやドライブスルー、モバイルオーダーペイにより事前注文など、人々のコーヒーの消費の仕方は多様化しています。

『Starbucks Reinvention Plan』では、社会や顧客の変化に応じて、バラエティを持った店舗設計を目指します。


この改革は2025年にかけて、

  • 新たに米国内に2,000店舗を出店
  • 米国の既存店舗をリニューアル

などをする形で、行われていきます。


2023年には、日本円にして約500億円の投資がなされるということで、スターバックスの意気込みが感じられます。

スターバックスは、これらの投資は50%のROI(投資収益率)を生み出し、米国内店舗の年間成長率を3%〜4%に引き上げる効果があると見込んでいます。

スターバックスの最新取り組み④
中国市場の野心的な深耕

stories.starbucks

企業にとって、成長市場のニーズを取り込むことは非常に重要で、スターバックスも例外ではありません。

特に、中国のコーヒー文化・市場は成熟しておらず、未だ大きなポテンシャルを秘めている状況です。


『Starbucks Reinvention Plan』では、中国市場のさらなる拡大を図っていきます。

ここ数年でスターバックスは、中国市場の潜在的な成長を取り込むための土台づくりに取り組んできました。

2023年現在、中国の店舗数は6,000店舗あり、米国に次ぐ2番目につけています。


『Starbucks Reinvention Plan』では、2025年までに、

  • 店舗数は1.5倍の9,000店舗
  • 売上は2倍

という計画を立てています。


日本を含む先進国では当たり前のように存在するスターバックスですが、新興国ではまだまだ伸び代があります。

成長市場の開拓が、今後のスターバックスの業績を左右するでしょう。

スターバックスの最新取り組み⑤
フランチャイズ展開の加速

stories.starbucks

米国外においては、フランチャイズ経営を強化する方針が打ち出されています。


2022年末時点で、スターバックスは全世界に約35,000店舗を展開していますが、その約半分はフランチャイズ店舗です。

今後は、店舗運営を委託するだけでなく、商品開発も共同で行なうことで、地域に根ざしたブランド作りを目指します。

フランチャイズ経営とは

フランチャイズ経営とは、店舗運営をスターバックス自身ではなく、同社から許諾を得た個人事業主が行うビジネスモデルです。スターバックスは運営機材やノウハウの提供を行う代わりに、加盟料や不動産賃料といった名目で継続的に収益を得ます。

フランチャイズ展開のメリットは、原価を抑えつつ効率的な出店が可能になる点です。

通常、飲食店を出店すると人件費や水道光熱費、材料費など多くの原価がかかります。

しかし、フランチャイズ店舗において(契約にもよりますが)大半はオーナー負担になります。

スターバックスは原価を極力抑えたまま、店舗からのライセンス収入を継続して得ることができます。

フランチャイズと言えば米国マクドナルド

脱線しますが、フランチャイズシステムをフル活用しているのが、米国マクドナルドです。

飲食業界全体における営業利益率は良くて10%ほどと言われますが、米国マクドナルドは脅威の40%越え。

全世界の店舗の85%ほどをフランチャイズ運営することで、そのロイヤリティ収益で稼いでいます。

スターバックスの2022/4Qの営業利益率は15%ほどで悪い数字ではありません。

しかし、今後、フランチャイズ経営を拡大することで、より効率的に稼ぐことができるポテンシャルを秘めています。

コストを抑えて米国株投資をしたい方へ

米シリコンバレー発の次世代米国株取引アプリ「moomoo証券」が日本に上陸。

世界で2,000万人以上が利用する本場・大手サービスならではのメリットが盛り沢山です。


最大のメリットは、業界最安水準の取引手数料 です!

moomoo証券の取引手数料は、「約定金額 × 0.088%(税込)」となっており、他のネット証券の手数料「0.495%(税込)」と比較して約1/6程度の格安手数料です!

手数料負担を軽減し、より多くの資金を投資に回すことが、中長期でリターンの増加に直結します。

moomoo証券は少しでもコスト負担を抑えつつ、米国経済成長の恩恵を受けたい方に必見です。

なお、新NISA口座を開くと米国株も日本株も取引手数料は0円!


今なら新規口座開設完了でお得な特別キャンペーンも実施中!

取引手数料以外にも魅力盛りだくさんのmoomoo証券の詳細は、下記URLから確認してみてください。

口座開設は簡単3分!

moomoo証券
詳細はこちら

moomoo証券
コツたろう
コツたろう

moomoo証券について、もっと詳しく知りたい方は、下記をご覧ください!

moomoo証券の評判 moomoo証券の評判は?実際に使って分かった米国株初心者に嬉しい8つの機能|安く賢く投資をするならmoomoo証券

スターバックスの今後の株価は?
最新の取り組み5選まとめ

本記事では、スターバックスの今後の株価を占う最新の取り組みについて、ご紹介しました。

この記事のまとめ

スターバックスは2025年に向けた『Starbucks Reinvention Plan』を打ち出し、さらなる進化の真っ只中です。

今回ご紹介した内容を踏まえて、スターバックスの今後の株価を考えてみてはいかがでしょうか。

米国株投資で、より豊かな人生を描きましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA