米国株投資って難しい?実は個人投資家に優しい3つの理由【日本株よりもカンタン】

記事内に広告を含みます

米国株投資って難しい?実は個人投資家に優しい3つの理由【日本株よりもカンタン】
悩める人
悩める人

これから投資するなら米国株?日本株?

人生100年時代、NISA枠の拡充などをきっかけに、これから投資を始めようと思う方も多いでしょう。

投資を始める際に直面するのは「何に投資をすればよいの?」という悩みです。

コツたろう
コツたろう

投資先の選定が何よりも大切です…!

株式投資歴8年、色々な投資手法を試してきた筆者としては、米国株への投資を圧倒的にオススメします。

米国株には、世界の人々を惹きつけ成長をし続けてきた実績があるからです。


とはいえ、投資初心者がいきなり外国株に手を出すのはハードルが高いと感じる方も少なく無いはず…。

  • 日本人ならやっぱり日本株でしょ!
  • 米国株への投資は、情報収集が難しそう

など、考えてしまいますよね。


実際に、筆者自身も投資初心者の時に同じように考えていました。

今思えば、「日本人だから日本株へ投資」「米国株は難しい」という固定観念は、かなり勿体なかったなと感じています。

今この記事を読んでくださっている皆さんが、同じような後悔をしないように、本記事を参考にしていただければ幸いです!

この記事の内容

株式投資歴8年の筆者が、投資初心者にこそ知ってほしい”実は米国株のハードルは低い”理由をまとめました。

米シリコンバレー発・世界で2,000万人以上が利用する米国株アプリが日本に上陸。

米国銘柄の情報収集から、最安水準手数料での取引までオールインワンで対応

米国株の取引手数料は他社の約1/6、新NISAの取引手数料はなんと0円!

無料で世界最先端の取引体験を手に入れてみませんか?

詳しくは下記からご確認ください。

口座開設は簡単3分!

moomoo証券
詳細はこちら

moomoo証券

米国株って難しい?
米国株に投資すべき理由

勝てるフィールドを選ぶことが重要

投資でもビジネスでも、大事なことは、勝つ可能性が高いフィールドを選ぶことです。


例えば、いくら美味しいラーメンを作れたとしても、出店する場所を間違えれば、売れるものも売れません。

あなたが初心者であれば尚更です。

逆に、人通りの多い場所に出店できれば、繁盛する可能性は高いでしょう。


この「勝てる可能性が高いマーケット」は、投資の世界だと「米国株」です。

米国株は成長を続けてきた実績がある

S&P500と日経平均比較のチャート比較
S&P500と日経平均株価の長期推移
引用元:マネックス証券HP

米国株は、過去数十年間で成長を続けてきた実績があります。

上記の図の通り、米国株と日本株で成長に大きな差があります。

  • S&P500は上昇傾向
    アメリカを代表する株価指数S&P500は、1990年代から一貫して上昇しています。
  • 日経平均はほぼ横ばい
    日経平均株価は、バブル崩壊後の高値を超えることなく、長期で見るとほぼ横ばいです。

つまり、S&P500に入るような代表的な株に投資をしていれば、あなたの力量に関わらず、リターンを得れた可能性が限りなく高いということです。

もちろん、日本株にもこの30年で成長をし続けた株もあります。

しかし、全体が上がっていないマーケットで、ダイヤの原石を銘柄を見つけ出すのはプロの仕事で、素人には極めて困難です。


結論、一般投資家が投資でリターンを得たいならば、まずは上昇し続けているマーケット(米国株)に投資をするのがオススメです。

コツたろう
コツたろう

続いて、米国株が個人投資家に優しい理由を解説していきます!

米国株って難しい?
個人投資家が投資すべき理由3選

理由①少額から購入できる

株取引には「単元株(株式取引で売買できる単位)」がありますが、日本株の単元株は「100株」です。

例えば、日本の時価総額1位のトヨタの株価は2024/7時点で3,200円程度。

株を購入するには、最低32万円が必要ということになります。

コツたろう
コツたろう

正直、32万円は大金でハードルが高いですよね…!

その一方で、米国株は一株から買えるので、資金力の限られる個人投資家でも手を出しやすいです。

例えば、アップルの株価は230ドル付近、1ドル160円だとすると、36,800円から購入可能ということになります。

米国株を買いたい人は世界中にいるため、実際に買いやすい仕組みが整っているわけです。


資金力が限られる個人投資家にとって、一株から買える(=少額から購入できる)メリットは下記3つです。

魅力的な銘柄を買いやすい

米国株の場合、少額から購入できるので、限られた投資資金の中でも買いたい銘柄を買える可能性が高いです。

2023/1/14時点の日本・米国の時価総額TOP10銘柄で比較してみましょう。

米国株時価総額TOP10
米国時価総額TOP10企業
Yahoo!ファイナンスより抜粋
東証の時価総額TOP10企業
東証時価総額TOP10企業
Yahoo!ファイナンスより抜粋

上記左側が米国株、右側が日本株の時価総額TOP10銘柄です。

  • 米国株(左側)
    米国株の時価総額TOP10銘柄の平均値は、171.66ドル(約22,000円)
    最も高いユナイテッドヘルスケアグループでも50,000円ほどあれば購入ができます。
  • 日本株(右側)
    一株から購入できる米国株に対して、日本株の購入は100株からになるので、計算をしてみると、時価総額TOP10銘柄の平均値は1,661,800円となります。
    最も取引値が高いユニクロ・GUを経営するファーストリテーリングに投資するには700万円必要です。

資金が限られる個人投資家にとって、資金力の都合で投資先を諦めなくて良い(魅力的な銘柄に手が届く)のは大きなメリットと言えます。

高値掴みを避けやすい

少額から購入できるということは、購入タイミングを分散できるということです。

つまり、投資で損をするリスクを軽減することができます。


例えば、投資資金が100万円とします。

一株1万円の日本株の場合は、単元株が100株なので、株価1万円×単元株100株=100万円なり、購入するタイミングは一度きりとなります。


それに対し、一株1万円の米国株であれば、一株から購入可能なので、100回に分けて株を購入することが可能です。100回に分けずとも、数ヶ月に渡り少しずつ買い集めることで、高値掴みをしてしまうリスクがグッと減ります


一種の分散投資(=買うタイミングを分散)ができるというわけです。

冷静な投資判断をしやすい

投資で成功するためには、余裕資金で運用することが重要です。

身の丈に合っていない金額で投資してしまうと、

  • 株価の変動が気になり、仕事や私生活に支障が出る
  • 気持ちが不安定になり正しい投資判断ができなくなる

など、値動きに振り回されてしまいます。

これにより、投資を辞めざるを得なくなり、株式市場から退場する(=投資できなくなる)方も多くいます。


少額から購入できる米国株であれば、投資金額をコントロールしやすいです。

自分に見合った範囲で投資をすることで、冷静な投資判断ができ、結果的に投資での成功に近づくでしょう。

理由②長期で安定して利益を増やしている企業が多い

米国株 米国企業 ロゴ

米国企業は、世界中の人々が当たり前のように使う優れた製品・サービスを開発しています。


例えば、マクドナルドやVISA、コカコーラなどの米国企業は生活に強く根付いており、参入障壁が高いビジネスをしています。

世界の人口は増え続けるので、人口が増えればマクドナルドを食べる人が増え、コカコーラを飲む人は増えていくでしょう。

このように世界中で利用されている製品は、世の中のトレンドに左右されにくく、業績が安定します。

上記はマクドナルドの長期株価推移ですが、長期で右肩上がりなのが分かります。

もちろん短期では、業績予想が期待に届かなかったり、コロナ影響などで株価の上下はありますが、長期で保有することで安定的に資産を株価は上昇しています。


投資初心者にとって、

  • どの株を買って良いか分からない
  • 株価が下がるとすぐに売ってしまう

などなど、ありがちですが、優良な米国株に投資をしておけば、放ったらかしにするだけで長期的にリターンが得られる可能性が高いです。

理由③企業が株主を大事にする

「株価は企業の通信簿」と言いますが、アメリカではより一層その傾向が強いです。

社長は高額な報酬を得る代わりに、株価が振るわないと株主からのプレッシャーを受け、解雇されてしまうこともあります。


つまり、経営者側に株価をあげる確かなモチベーションがあるので、あの手この手で株価を上げようとします

基本的に、株価は業績に連動するものですが、その他にも株価が上がりやすい仕組みがあります。


その一つが自社株買いです。

少し聞き慣れない言葉かしれませんが、「自社株買い」とは、市場に出回っている株を自社が買い戻すことで、既存株主が持っている株式の価値を上げることです。

自己株式取得の一つで、株式市場から過去に発行した株式を自らの資金を使って直接買い戻すことを指す。株式会社が、株主への利益還元やストックオプション(従業員持ち株制度)等に利用するために行う。

自社株買い|証券用語解説集 – 野村證券

また、稼いだ利益を株主に還元する姿勢は強く、60年以上に渡り連続増配を続けている企業もあります。

こういった形で、株主も株価上昇や配当といった形で恩恵を受けやすいです。

コストを抑えて米国株投資をしたい方へ

米シリコンバレー発の次世代米国株取引アプリ「moomoo証券」が日本に上陸。

世界で2,000万人以上が利用する本場・大手サービスならではのメリットが盛り沢山です。


最大のメリットは、業界最安水準の取引手数料 です!

moomoo証券の取引手数料は、「約定金額 × 0.088%(税込)」となっており、他のネット証券の手数料「0.495%(税込)」と比較して約1/6程度の格安手数料です!

手数料負担を軽減し、より多くの資金を投資に回すことが、中長期でリターンの増加に直結します。

moomoo証券は少しでもコスト負担を抑えつつ、米国経済成長の恩恵を受けたい方に必見です。

なお、新NISA口座を開くと米国株も日本株も取引手数料は0円!


今なら新規口座開設完了でお得な特別キャンペーンも実施中!

取引手数料以外にも魅力盛りだくさんのmoomoo証券の詳細は、下記URLから確認してみてください。

口座開設は簡単3分!

moomoo証券
詳細はこちら

moomoo証券
コツたろう
コツたろう

moomoo証券について、もっと詳しく知りたい方は、下記をご覧ください!

moomoo証券の評判 moomoo証券の評判は?実際に使って分かった米国株初心者に嬉しい8つの機能|安く賢く投資をするならmoomoo証券

米国株って難しい?
米国株に投資すべき理由まとめ

本記事では、米国株が個人投資家に優しい理由を解説しました。

この記事のまとめ

人生100年時代、NISA枠の拡充などをきっかけに、これから投資を始めようと思う方も多いでしょう。

投資先として、長期・右肩上がりに成長を続ける米国株への投資を検討してみてはいかがでしょうか?

米国株に興味のある方は、ぜひ下記の記事もあわせてお読みください。

今後のGAFAM株価はどうなる? GAFAMの株価の今後を握る、日本未上陸の最新事業&研究開発まとめ!次の10年に着々と投資をしていた 歴史的な利上げ&円安の影響は?米国株1年ガチホした運用成績結果を大公開! 米国株を利上げ&円安を経てガチホした結果を大公開!GAFAMはやっぱり強かった

米国株投資で、より豊かな人生を描きましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA